「怪談和尚」として注目を集める
三木大雲が挑む初の連作

配信オリジナル番組

各地に点在する怪談や都市伝説、不可解な事件、一見接点のないそれぞれのエピソードを紐解くと、
不可思議な共通点が浮かび上がる。
全てを聞き終えた時、現代そして未来への警鐘とも言うべきメッセージが解き明かされる―。

怪談を通じて仏教の教えを説く「怪談説法」が話題の三木大雲住職による配信番組。
住職の元に集まる多くの怪談話、そして数あるお経を紐解いた時、より深い仏教の扉が開きます。

なぜ、こんなにも怪談が広く流布しているのか?
お経に書かれた未来予測とは何なのか?
怪談とお経の2つを重ね見たとき、見えてきた世界とは一体どのようなものなのか?

新しい「怪談説法」の世界へ皆様をご招待いたします。

2022年1月より毎月4話配信/全24話

番組配信

新着情報

各話タイトル・あらすじ

  • <其之壱:「陰の氣」>

    2022年1月22日配信開始

    三木住職の元に寄せられる不思議な現象や相談の中から今回は、とある地域でのみ有名な心霊スポットに纏わるお話。

    その場所には行かない方がいいという住職の警告を無視してその心霊スポットを訪れた男性に、やがて怪奇現象が現れる。そして同じ場所を訪れた他の人物にもまた同様の現象がー。

    なぜ世の中に心霊スポットと呼ばれる場所ができるのか、住職はそこにある共通点を見出す。

  • <其之弐:「地の蔵」>

    2022年1月22日配信開始

    なぜ心霊現象は同じ場所で起き、そこに訪れた人は似た体験をするのか?

    とあるトンネルで起きた怪奇現象。トンネルの中ほどで、後ろから小さな手に捕まれたという同じ体験をした複数の人々の証言。

    それぞれ日付も時間も別々に体験した話だが、いずれも友引の翌日に起きた出来事という共通点があった。そこにどんな意味があるのか。

    そのトンネルで住職が見た小さな手、そして無数の黒い影の正体とは?

  • <其之参:「生地獄」>

    2022年1月22日配信開始

    あるテレビ番組の取材で住職は再び不思議な現象が起こるトンネルへと足を運ぶことになるが、そこで奇妙な女性の姿をカメラマンと共に目撃する。

    その翌日、ニュースでその場所から女性の遺体が発見されたことを知った住職は今一度そのトンネルへ向かい、住民から不思議な話を聞くこととなる。

    地獄は死後の世界だけでなく、生きている我々の世界にも存在する。現世における地獄とは何なのか、人々の慢心がもたらす未来はどのような世界なのか?

  • <其ノ肆:「視点」>

    2022年1月22日配信開始

    なぜ日本の現代社会で仏教への信仰心が薄れていったのか?明治以降、時代の流れに翻弄された仏教界が今見直されている。

    我々の住む地球環境の変化、そして生活を取り巻く経済格差や突然現れた新型コロナウィルスの蔓延など、様々な変革を迎えている現代におけるお経の役割とは何なのか。

    時代や立場によって変化する「道徳」や「哲学」的な解釈ではなく、お経に書かれている「真理」とは何か?なぜお経が信用できる根拠となるのか?宗教を見極める目線を解説。

  • <其ノ伍:「予見」>

    2022年2月26日配信開始

    三木住職のもとに数多く寄せられる相談の中に時折、同じタイミングで「地震の夢を見た」という複数の報告が寄せられた後に実際に地震が起きたというような、夢と現実がリンクする不思議な現象があるという。

    これはただの偶然なのか、人間が本来持つ本能なのか。そして、統計学の中で暮らす現代人が、例外の無い事実=真理が書かれているというお経において「末法」と呼ばれる今の時代に読み解くべきこととは何なのか。

  • <其ノ陸:「災いの兆」>

    2022年2月26日配信開始

    三木住職の元に、新居に引越しをした直後に起き始めたというある怪奇現象の相談。他の霊能者にお祓いしてもらっても効果が無かったという。

    そして他にも三木住職の元に何度も祈祷をお願いに来る人など、一度のお祓いでは解決しないという事例が年々増えてきているという住職。この現象をお経から紐解くと恐ろしい事実が見えてくる。

    既に始まっている「三災七難」という現象とは何か、そしてこれらの前兆から次に起こる災いを予言する。

  • <其ノ漆:「功罪」>

    2022年2月26日配信開始

    数年前、あるIT企業の社長宅に訪れた三木住職が体験した不思議な話。最新AIが捉えたのは果たして霊の存在なのだろうか?

    進歩する科学と便利な世の中で生活する私達。そのバランスが保たれなければやがて人々は「四悪趣」に取り込まれ、神仏が現世から去っていく原因となる。

    そんな未来にしないために、あるべき人間の心の持ちようを事例とともに紐解いていく。

  • <其ノ捌:「難信難解」>

    2022年2月26日配信開始

    お経を理解するのは難しい、信じることも難しい。これを信じるとはどういうことか、ある携帯電話にまつわる不思議な怪談から例えを試みる。

    信じ難い話が故にこれを伝承する者の数も減少してきている現在。不思議なことにその現象自体もお経には記されており、これを布教する僧侶には別の難が待ち構えているという。

  • <其ノ玖:「悪鬼」>

    2022年3月26日配信開始

    「三災七難」の一つである飢饉が迫るとされる中、その先に何が起きるのか?善き神が去り悪鬼が人類を脅かすと記されたお経を披露する。多くのお経に登場するこの「悪鬼」とは何か?

    過去にインターネットでも話題となった「開けるな」と書かれた箱を開けてしまった人々に訪れた不幸な出来事。「両面宿儺(りょうめんすくな)のミイラ」の話。

    そしてある住職の墓の地中深くに封じ込められた箱にまつわる三木住職の実体験を通じ、「鬼」の存在や影響を解説する。

  • <其ノ拾:「忘失」>

    2022年3月26日配信開始

    高校の同級生から、彼が実家へ帰省した時に起こった奇妙な体験談を三木住職は聞く。

    死後の世界と繋がるお盆という祭事のあり方など、長い月日とともに形骸化してしまい、作法や意味が忘れ去られ目的が変容したものがある。中には疫病を封じるものや現代も必要と思われる祭事もあるが、その現実的な効果が薄れ廃れつつある。

    なぜ効果が薄れていくのか?その答えとして、念の込められていない祈祷による神の不在によるものではないかと推察する。

  • <其ノ拾壱:「呪物」>

    2022年3月26日配信開始

    あるマンションへ引っ越した夫婦が体験した不思議な出来事、その後マンションの管理人のもとにも怪奇現象が起きる。管理人からの依頼でご祈祷に訪れた三木住職は、そこである事実を知ることとなる。

    古来からの習わしが何のためにあるのか、その意味や必要性、古い民家やお寺にある「呪物」にもまた本来の目的があり、これらを誤って解釈してしまうとどうなるのか、「呪い」の悪循環の果てにあるものについてお経から紐解いていく。

  • <其ノ拾弐:「破滅の刻(とき)」>

    2022年3月26日配信開始

    お経には人類が破滅に向かう4つの周期が記されている。マヤ文明やアメリカ先住民、アボリジニなど世界各地の伝承にも同様に4つの周期があるという。仏教では「四劫」と呼ばれるこの周期において、我々の世界は今、滅亡の手前、3つ目の周期にあると三木住職は推測する。

    「金光明経」というお経に記された破滅の兆候を示す一文を紹介しながら、この破滅への道を引き延ばす方法を説いたお経の存在を三木住職は明らかにする。

  • <其ノ拾参:「心の用意」>

    2022年4月23日配信開始

    三木住職の修行中に学寮内で体験した「誰にも話してはいけない」という不思議な話から、守るべき約束について考える。仏教で言えば「戒律」、これが説かれている「護国三部経」と呼ばれる3つのお経「金光明経」、「仁王経」、「法華経」について紹介する。

    さらに今、私たちが覚悟すべき未来の姿と、最悪の状況を回避する為の解決方法について、「大集経」、「涅槃経」といったお経を紹介しながら説いていく。

  • <其ノ拾肆:「末法を生きる」>

    2022年4月23日配信開始

    末法と呼ばれる今の世において、人を貶める、他人のせいにする、悪口を言う事が楽しいというような風潮があることへの危機感を、自身の実体験も交えながら紹介する。

    人を妬むような心はどうして生まれ、視野が狭くなってしまっている人は自分がどのようになっていると考えればよいのか、「法華経」に書かれた教えを元に意識のあり方を解説する。

  • <其ノ拾伍:「日蓮」>

    2022年4月23日配信開始

    三木住職の考え方、生き方を一変させ、お経を信じるに値する根拠をその生涯に見つけたという日蓮聖人の数々の逸話を紹介する。

    誕生から出家、そして釈迦の遺言に気づいた確信、そして流刑、暗殺未遂などの数々の受難の中で、法を広めると何が起きるのか、「法華経」に記されたことが真実であると身をもって証明する生き方をした日蓮聖人の御一代記。

  • <其ノ拾陸:「うずまき」>

    2022年4月23日配信開始

    2歳の少女の腕を擦ると模様が浮かび上がるという不思議な相談。蓮久寺を訪れたその少女が描いた絵には意味も分からないままびっしりと鳥居が描かれていた。そして住職が全国に見つけた不思議な文様の話。

    アイヌ民族の魔除け、沖縄の伝統的な文様、寺の屋根にある懸魚、釈迦の白毫や螺髪などにうずまき状の文様が見られる。そういった共通点を見つけた住職は仏教における曼荼羅について推測をする。

三木大雲

京都市で寺の次男として生まれる。
実家は兄が継いだため、各地を流浪した。2005年、蓮久寺の第38代住職となる。

怪談を切り口にわかりやすく説法を説く「怪談説法」を確立。
実際にあった相談に基づく怪奇現象、自身の体験など、現代の怪談を説法へと繋ぎ、考え方や生き方、死生観が変わる仏教の教えを説く活動をしている。

  • 受賞歴

    • 「稲川淳二の怪談グランプリ2014」優勝
    • 「OKOWAチャンピオンシップ」初代チャンピオン
    • “最恐”怪談師決定戦「怪談王2018」優勝
    • 「京都日蓮宗布教師会 法話コンクール」最優秀賞
  • 著書

    • 『サルジエ』永善出版
    • 『怪談和尚の京都怪奇譚』文藝春秋
    • 『続・怪談和尚の京都怪奇譚』文藝春秋
    • 『続々・怪談和尚の京都怪奇譚』文藝春秋
    • 『怪談和尚の京都怪奇譚 幽冥の門篇』